人生って。
 あの時こうしていれば、
もっとこうなっていたら、

『たら』『れば』の連続かもしれません。

どれも自分が選んだ道だから、
後悔したくはない。

そう思っても、
なかなか後になって思うと、
もう少し他の選択が出来たんじゃないかなと、

私も常日頃感じることだらけです。

でもね、私思うのですよ。
後悔することの多い日々だからこそ、
今ならまだ間に合うかもしれない!!

そう思える選択をすることが
大切なのかなって。。。

というもね、
大阪で、傾聴のインストラクターとして活動されている

松田香織さんのこんなお話を聞いたからなんです。


=============

【朝は急かしてごめんなぁ〜】

夕方、学校から帰宅した長男(高1)が、サラリと一言。

「今朝は急かしてごめんなぁ〜」

「えっ?(驚)」

「弁当作るの、急かせてごめん!」

と。

私の顔を見ながらペコリと頭を下げながら
言うてくるではありませんか!!

雨のため
急遽、普段より早く家を出ることになり、

「あと3分で家出なあかんねん!」事態に。

3分クッキングばりの速さでお弁当を作りましたよ。笑

「もう、お茶はいらん!行ってきます!!」と、学校に向かう
 そんなドタバタ劇があってから〜の
夕方の一言でした。

「間に合ってよかったわ。ありがとう。」

「いやいや、おかあさんも時間ギリギリになってごめんね。

もっとはよ起きんとね〜」

なんて

なんて

心地よい会話でしょう♪

近づけばハエのように追い払われ、
会話もままならなかった
お兄ちゃんとの悲痛な関係から、
こんなにも心地よい会話ができるようになったのは、

『傾聴のスキル』を学んだから。

傾聴の耳を持つと、
自分の価値観で話を聴くということがなくなります。

自分の中で勝手に起こしていた
不要な心の摩擦も
ぐん!っと減ります。

即効性と持続性を実感できる
「傾聴のスキル」
一人でも多くの方にお伝えできることを願っています。

=============
 松田さん、お話をお聴きするたびに
ご長男君との関係性がぐんぐんと
良くなってきていて・・・・

当初、
反抗期のお子さんとの対応に

悩まれていたというお話が信じられないほどです。

松田さんもきっと。
今ならまだ間に合うかも・・・。

そんな気持ちで受講してくださったのではないでしょうか。
そして、
今なら間に合うかも。。。

同じような想いを持ったお母さんに
届けたい!!!
と、活動してくれています。

どんなことでも、
私ね、教えるほどに学ぶ人が一番身につく

そう思っています。